動画『禅と創り出す思考』藤田一照×ロバート・フリッツ

創り出す行為には禅のアプローチが欠かせない?!
「自意識を切り離すこと」と「禅のエッセンス」に共通点はあるのか

禅僧・元曹洞宗国際センター所長、藤田一照と『自意識(アイデンティティ)と創り出す思考 』 著者、ロバート・フリッツの特別対談を収録!

禅と創り出す思考をテーマに二人の巨匠が語り合う(日本語字幕付き)

モデレーター 田村洋一より

「無執着(non-attachment)というのは誤訳ではないか」
「人生から苦しみを減らすなんてことはそもそも必要なのか」
若い頃からアメリカで禅に親しむクリエイターのロバート・フリッツが「自分は専門家ではないが」と前置きしながら大胆に言い放つ。それを受けた藤田一照さんもこれまた自由自在に「感じて、ゆるす仏教」のエッセンスを惜しげもなく開陳し、生きること、創り出すこと、スピリチュアルな成長、ニルヴァーナ(涅槃)、映画制作、公案について奔放な対談が繰り広げられる。抱腹絶倒の1時間半。果たして解脱を目指すのは間違いなのか。これは前代未聞の東西対談です。仏教や禅に興味のある人はもちろん、現代社会をクリエイティブに生きたい人なら誰でも見逃せない対話が、わかりやすい日本語字幕付きで公開されています。

・禅と創り出す思考
・頑張りすぎると奇跡に気づけない
・「無執着」と「切り離すこと」
・苦しみは悪いのか
・抽象的なものには到達できない
・創り出す陰と陽
・この瞬間にいながら創り出す
・瞑想の実践
・葛藤構造の克服
・果てしのない探求
・人生を創り出し続ける

収録時間 1:30:05
言語:英語
字幕:日本語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です